「人は許し、罪は許さず」と「最初から全てを許したうえで人と交わる」を貫く具体的行動とは?

 

人と交わるうえでの幸せのカギを握るのは、先日も書かせて頂きました…以下のこと↓

出会った最初から全てを許したうえで、人と交わる…自分も人も許せないのであれば、人と交わるのをやめること

ですね。

実はさらにもうひとつ、人と交わるうえで大切なことがあるのです。

人は許して(憎まず)、罪は許さず

ということ。

 

そもそも、罪とはどういうことをいうのでしょう?

何よりも大切なのは、生かしてくれている自然(神様)からみてどうか?ということ。

誤解を恐れずにいうならば、はっきり言って、人間が作り上げたルールはある意味どうでもいいのです。

問題なのは、〈生かしてくれている自然(神様)をおとしいれるような行為

 

卑近な例を挙げるならば・・・、

私たち人間は通常、自然(神様)のもちもの…であるにもかかわらず、ある人を誹謗・中傷したり、おとしいれたり・・

あるいは、

生かしてくれている自然(神様)は、宇宙に一つなのに、自分の中でいくつもつくってみたり・・(→実はこれが戦争の原因なんですね)

そういったについては、断じて許すべきではないのです。

 

ここで、こんな疑問をもたれる方も多いでしょう。

【人については最初から許しているから、憎むことなく、交わる・・・一方で、罪を犯した人の罪は許さず! とは、具体的にどう行動すること??】

1つ例をあげます。

例えば、ある男性A男が、生かしてくれている自然(神様)への裏切り行為(例えば、人の誹謗・中傷等)をした人だとします。

そして、B子さんがA男の彼女でつき合っている場合、B子は、A男自身を憎む必要もなければ、許さない!と思う必要もありません。

しかしながら、A男に対し、「貴方は自然(神様)に沿わずに生きている。自然(神様)の持ち物である人を誹謗・中傷することはとても悪いこと!自分は、その行為は許せない。自然(神様)に沿って生きたらいい!!」と言うべきなのです。

そして、その言葉をA男が素直に受け入れず、悔い改めないのであれば、交わらない=つき合わない ことですね。

たとえ、B子がA男とつき合うのをやめたとしても・・・、

B子はA男のことを、人として最初から許していれば、憎しみや責める気持ちは全くないんですね。ただただ、B男の罪をその行為を許さない…ということ。

ここで、B子がA男とつき合うのをやめなければ、どうなるのでしょう?

結果として、罪が罪をつくります。A男からB子、そしてさらに仲間から仲間へと、罪がつくられていく・・・。

 

大切なのは、

まわりにどんな人がいようとも、

〈自分の生き方・考え方・行動・発言〉

がどうなのかが問題…

全て自分次第!

ということですね☆

 

ブログに書いている不思議な体験をあなた自身で体験してみませんか?

粟屋貴美子

あなたの人生はあなたが主役。

あなたが自分らしく輝き、ハッピーに幸せに生きる事があなたが生まれてきた本当の意味です。

しかし、育ってきた環境や周りの状況などにより思い通りの人生を生きていないとするならば、それはとても不自然な事です。

あなたの人生がマイナスからプラスに変わり、愛と感謝で生きられるようになる自然力ハッピーサポート。

体の不調、心の悩み、人間関係、仕事、恋愛などオールマイティーに幸せになりたいあなたをサポートしています。

人生の大きな変化のきっかけは、今、目の前に開こうとしています

ABOUTこの記事をかいた人

生かしてくれている自然界に、ありがとうの気持ちで、仲良く自然と繋がって生きれば、身体も心も、仕事も経済も人間関係も・・全て幸せしかないなあと結果から学びました。身体も心も健やかで美しく幸せでいられるよう、日々研究・追求し、自然力で解決させて頂いています。結果主義がモットーです。